スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな機能はいらない 

夏が来るから痩せななぁと、アイス片手に物思いにふけていました

そして矛盾と言う言葉を実感したある日の午後

こんにちは、ぎんです。





世はまさに節約時代

例えば僕のはるか(パソコン)もある一定の時間放置プレイしていると

バッテリー節約の為にスリープモードになります

これは読んで字のとうり

バッテリー節約の為に勝手にパソコンの電源が一時的に落ちると言う機能で

他には画面の焼き付けを防ぐという役割もあります

ただ、このように役に立つ節約機能もあれば

ちょ、この節約機能はどうなん!?

と、いう節約機能もあるということを先日ヒシヒシと実感する出来事がありました










僕の叔母が5月に蜘蛛膜下出血で入院してしまいまして

病状の方は早期発見だったんで大事には至らなっかったんですが

それが原因で2ヵ月程入院していました

で、

先日、めでたく退院となったんですが

叔母は未婚の独り身なんで僕の家族で病院まで迎に行き

病室の片づけや退院の手続きをサクサクッと手慣れた引っ越し業者のようにしていたら





あら?あららららら?僕、ちょっとお腹痛いかも・・・




突然キミからの手紙なんてFIELD OF VIEWが歌っちゃうくらいに突然う○こさんから




「ご主人様、そろそろ出とうございます」




なんてお手紙が来ちゃったから、さぁ大変

よく本屋さんで本を見てたらお腹が痛くなる人はよくいますが

これは本の匂いがお腹を痛くさせるとか

ヒラ積みにされてる本を取る姿勢がお腹を痛くさせるとか

説は色々ありますが原因は不明

僕は匂いが関係している説が有力だと思うんですが

なぜなら僕は病院の消毒液の匂いを嗅ぐとお腹が痛くなってしまう体質で

自分が病気で病院に行ってはう○こさんを産み落とし

お見舞いに行ってはう○こさんを産み落とす











病院にナニしに来てるんだ僕は!?




と、思わず自分に突っ込みを入れてしまう事もしばしば

きっと入院したらエブゥリデイ快便☆

便秘になったら病院に行け!病院に行って便秘治せ!

なのに医者いらずという便利な体質を持ってます





今回もいつものように、病院で便意に襲われまして

パリジェンヌのようにケツ筋を引き締めてスタスタと歩き

病院のトイレでもろーんとケツを放り出して大腸のデトックス(排便)に勤しんでいたんですが

デトックスされた老廃物(う○こ)がポロポロと

まるで鹿のう○このようにマルコポロリ!と出てくるじゃありませんか





「あーこれアレかも、食物繊維が足りてないかも」




なんちゅうコトを考えていたら










うおっ!!?




パッて電気が消えたのな




自分の一番弱い部分ち○こをぽろーんと放り出して

一番見られたくないう○こをデトックスしている時に

電気が消えて辺りは暗闇に

すんげぇ怖ぇのな、う○こ中に視界を奪われるのって

「うおっ!!?」

とかう○こしてる時に初めて声出たわ

ナニこの放置プレイは?



これは後で分かったコトなんですが

この病院のトイレの電気は一定時間経つと自動的に電気が切れるように設定されてるらしく

僕のデトックスしてる時間が長かった為に電気が切れたみたいなんですが




そんなに長い時間デトックスってねぇよ?




なんだ、アレか?この病院の人間のデットクス時間はマッハか

もろーんとケツ出したらズバァーンってすぐ出るんか?

のび太が寝るぐらいにスグにズバァーンか?

どんだけ菊の門が拡張してんだよ




とにかく出すモノも出したんで、とっととトイレから緊急退避しようと

カラカラとトイレットペーパーを巻き取り

自分の菊の門を優しく、しかし力強く拭き取ったんですが

姉さん事件です!











暗闇の為に菊の門が綺麗になってるか分かりません




3回程、菊の門を愛撫するように拭き取ってみたものの

綺麗にう○こが拭い去れてるのか不安も拭い去れません

綺麗に拭けてるか確かめる為に










トイレットペーパーを顔に近づける自殺行為




そんなコトは出来ん!

パンツにう○こが付くかプライドが傷付く、どちらを取るかと問われれば










僕はパンツにう○こを取る!




いや、ごめん、嘘ついた、どっちも嫌だ

そんなのみなさんだって嫌でしょ!

そんな究極の選択なんて嫌でしょ!?

だから「きゃー誰かトイレに入って来てー!」と、声にならない悲鳴を上げてたら気がついた




明かりがあればいいんじゃねぇ?




僕はおもむろに携帯を取り出し

携帯の明かりで菊の門を拭きとったトイレットペーパーの純白を確認したのでした

トイレの節電なんていらない!落ち着いてデトックスもできない!

暗闇でデトックス、マジ怖い!

ただ、今回一番怖かったのは叔母の病室に足取り軽く戻ったらおかんに










あんた遅かったなぁう○こか?




6人部屋でこれを大声で言われた時が一番怖かった

そして、自分のデトックス時間が長かったことに気が付いたのでした

長かったのなら、電気が消えても仕方ないよね





←こんな話でもポチッとしてくれますか?


←こちらもポチッとしてくれますか?


スポンサーサイト
[ 2008/08/04 16:37 ] うんこ日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
はるカウンター
プロフィール

ぎん

Author:ぎん
年齢:ほしのあき世代
性別:生えてる
身長:コブクロの大きい方と同じ
出身:世紀末覇王伝な街大阪
趣味:読書 音楽鑑賞 人間観察
尊敬:リリーフランキー うすた京介

mixi←ここをクリックするとぎんのmixiへ行きます

Lc.ツリーカテゴリー
キーワードランキング
レンタルCGI
ブログランキング参戦中
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。