スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第2回ぎんを祭り上げる会 

夏バテで口にするのは水分とアイスだけです

乳房とかソッとお口に含みたい(五 七 五)

こんにちは、ぎんです



以前にココでお知らせした「ぎんを祭り上げる会」

その第2回が先日おごそかに開催されたのです

僕を祭り上げる為に開催されてる企画なのに

第1回は放置プレイと言う形で僕を祭り上げてくれたのですが

第2回はどうだったのでしょうか?

今日はその時の日記を書きたいと思います







第1回の「ぎんを祭り上げる会」から約七か月以上もの期間をあけ

開催された第2回の集い

これは単に僕のプライベートが充実していたからというワケではなく

バイト君達が就職活動や試験の為に開催が難しかったのです

その間、忙しいみんなを尻目に

僕はロンリーハート全開だったのですが

みんなの就職活動や試験も終わり

夏休みに突入したこともあり




「みんなの元気をオラにわけてくれ」




かの偉人、孫悟空が残した歴史に残る名言をいわんとするように

今回の第2回「ぎんを祭り上げる会」の開催とあいなったわけです




今回の参加メンバーは

ケンタ、ビッチ、イケメン、ヨコチン、そして僕の5人

前回の参加メンバーは6人(バイト8人中)だったのですが

今回は僕の休みの日の前日の火曜日の開催

平日の開催でオールナイトで飲むにしては集まってくれた方じゃないでしょうか




そして前回はケンタの家でやったのですが

今回は仕事終わりに飲むということもあり

準備をする時間ももったいないのでどこかの店でやろうというコトになり

行った場所がココ




焼肉 さかもと




僕がよく行くBARのマスターの友達が東心斎橋で焼肉屋さんを経営してるというのと

僕の店の近所ということもあり「焼肉 さかもと」へ行ってきました




で、一応知り合いの紹介というのもあり

BARのマスターの友達に挨拶をしとこうと思いまして

従業員の方に声を掛けたのです




ぎん 「すいません、カワイさんおられますか?」

従業員 「今日はカワイは休みをいただいてるんですよ」

ぎん 「あっそうですか、カワイさんの友達の紹介で来たんで挨拶をしようと思ったんですが」

従業員 「そうなんですか、カワイに伝えておきます」





残念。挨拶をしておけばBARのマスターの株も友達の中で上がるじゃないですか

そう思って挨拶をしておこうと思ったんですが

休みならば仕方がない




僕達は従業員の方に2階の座敷に案内され

席に着き一通りの注文を終えて

しばしの談笑をしていると運ばれてくるビール




ビッチ 「じゃあ、ぎんさん乾杯の音頭をお願いします」

ぎん  「自分、今日は思いっつきり祭り上げられる所存で来たんでよろしく!ほな乾杯!!」

一同  「乾杯!!!」





ここまでは前回と同じ展開

しかし前回はここからが酷かった

だから、イヤらしくも乾杯の音頭の時にサラリと

サラリとした梅酒のように




「今日は思いっつきり祭り上げられる所存で来た」と、まさかの念押し




これを聞いたみなさんは「お前ちっちぇえなぁ」とか思うのでしょうか?

いやいや、ほんとに淋しいんだって!

チヤホヤしてもらおうと思って来たのに放置ってめためた淋しいんだって!




「誕生日を祝ってあげる」




って言ってたのに、誕生日に連絡も無いってぐらいに淋しいんだって!(経験有り)

ショボーンってなるのな

(´;ω;`)←こんな顔になるのな

この気持ちが分からん奴とは友達にもなれん!




そうこうしてるウチに注文の肉が運ばれて来たんですが

あら、やだ、お肉が綺麗じゃないですか

ピンク色した身に白いサシが入っていて

それでいて余分な脂が無い

まさに肉の首領的なヴィジュアル


芸能界でいう中尾彬的なポジションをヒシヒシと感じるではありませんか

あれ?僕達こんな良いお肉を注文したかな?

なんてことを思っていたら




従業員 「カワイの知り合いってことなんで、こちらサービスの特上霜降りサーロインです」









なんだって!?




いやいやいや、僕ちゃんと言いましたよね?

カワイさんの知り合いの紹介だって

あの・・・僕・・・カワイさん知らないんですが?

親戚の友達ってぐらいに遠い間柄なんですが?




ビッチ 「黙ってれば分からないですよ」




あきらかにヒールな笑顔で言うビッチ




ぎん 「DA!YO!NE!」




僕達はおいしく特上霜降りサーロインをおいしくいただくのでした

そうして特上霜降りサーロインをはじめ

次々と持ってきたお肉やビールを食べたり、飲んだり、ラジバンダリ

欲望のおもむくままに胃袋と喉を潤していったのですが

僕の座ってる席からみんなの方を向くと

店の壁が鏡張りの為に外が丸見えになってるのです

で、向いの店がフグ鍋(てっちり)の店で

看板を見ると「泳ぎトラフグの店」と書いており

いけすにトラフグが泳いでいるじゃないですか




「次のぎんを祭り上げる会は冬にてっちりなんていいですな」




そんな会話をみんなでしていたのですが

ナニやらいけすを見ていると違和感を感じるのです






fcc56467.jpg






黄色の丸で囲ったところの真ん中にトラフグが泳いでるのですが

みなさんもナニか違和感を感じるでしょうか?

えっ?画像が小さいからよく分からない?

グッド!では画像を拡大してみましょう






013.jpg










死んでるぅー!!?




泳ぎトラフグの店って書いてあるのに泳いでないじゃないか

死んだトラフグの店じゃないか

そりゃ魚と書いてギョッ!って読むわ

しかもこの写真は帰りに撮ったものなんですが

店にいる時は死んだトラフグが2匹いたんですよ

それが帰りに写真を撮ってみると1匹




うん、食べたな。客が。




この店は来ないでおこう

みんなの意見が一致した瞬間だった




こうして美味しいお肉に美味しいお酒、そしてデッド オア アライブなフグ

いや、フグはいいや、フグは

そんな品々に舌鼓を打ち、時間も夜更けになってきたところで

しんみりとした空気になり

念願の瞬間がやってきたのです




ビッチ 「僕ね、ぎんさんがいてくれるから楽しく仕事できるんですよ」










・・・おや?




ビッチ 「僕、今までこんなにバイト続いたことないですもん」











おや?おや?




イケメン 「ほんまっスよ、ぎんさんが僕達の立場になって仕事してくれるから頑張れるんですよ」












おや?おや?おや?




ヨコチン 「ですね、働き易い良い職場です」










おんやぁぁああぁぁ!?




ケンタ 「・・・吐きそうです」










ちょっと待て!!




まさかのリメンバーパールハーバー、ケンタのゲロ再び

いやいやいや、このタイミングじゃなくてもいいじゃないですか

僕の祭り上げが始まった瞬間にケンタの吐きそうです宣言

お前はストッパーか、祭り上げの

阪神タイガースで言うところの藤川的ポジションか

お前は一人で進化してろ




そしてケンタは一人トイレにエクスプロージョン(ゲロ)をしに行ったのですが

待てど暮らせど帰ってこない

こりゃトイレで進化してるなと

以前は口からエリンギを生やすという進化でしたが

今回、食しているのは焼き肉です

先ほど食べたテッチャン(小腸)なんて口から出してるやもしれん

口から小腸なんてただのスプラッター

そんなん面白すぎるやん




そんな面白いことはほっておけないと思った僕は

トイレにケンタの様子を見に行ったんですが

案の定ケンタが便器に顔面を突っ込んでまして

今にも便器と共にランナウェイしてしまいそう




こんな時の対処の仕方はみなさんもご存じだとは思いますが

酔っ払いには水分を補給させるのが一番良く

これは体内のアルコールを薄くさせるのと

汗やリトルジョー(しょんべん)で体外に出す為なのです




だから僕はジョッキに水を満タンに入れてケンタに飲ましたのですが

どうもいまいち効きが悪い

まだ半目で虚ろな眼差し

お前、恋でもしちゃってるの?

そんなことを彷彿とさせるケンタ’S アイ

だからもう1杯水を無理矢理飲ましたら


シャー!って水を吐いたのな




ケンタが…ケンタが…










マーライオンに進化した-!!






20070323_275731.jpg




ケンタの進化ふたたび

まるで水芸のようにシャーシャー口から水を吹き出すケンタ

その吹き出す水は綺麗な放物線を描きラルクも歌っちゃうぐらいにトイレにダイブ トゥ ブルー

あまりに綺麗な放物線を描くもんですから

虹が出るかと思ったぐらいです




しかしこれが功をそうしたのかすっかり元気になったケンタ

さっきまでの青白い顔も血の気が戻り

さっきまで食べていたお肉のようにピンクに




ケンタ 「ぎんさん、すいません」

ぎん  「あーかまへん、かまへん」

ケンタ 「なんかアレですね、僕が祭り上げられましたね」











お前の為の会じゃねえよ




ケンタがいなければ、ケンタが吐かなければ

今頃、僕が祭り上げられてたのに

僕はいつになったら祭り上げられるの?




第3回「ぎんを祭り上げる会」にケンタは呼ばないでおこう




僕は心にソッと決心するのでした




追伸…なお、さかもとに行った際に

「筆を起き、はるかを叩け」を見て来たと従業員の方にお伝えいただければ

もれなく従業員の方に冷やかな目で見られます、あなたが

お試し下さい。




←ポチッとしてくれたら僕が祭り上げられます。


←こちらもポチッとしてくれたら祭り上げられます。



スポンサーサイト
[ 2008/08/27 16:23 ] ぎんを祭り上げる会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
はるカウンター
プロフィール

ぎん

Author:ぎん
年齢:ほしのあき世代
性別:生えてる
身長:コブクロの大きい方と同じ
出身:世紀末覇王伝な街大阪
趣味:読書 音楽鑑賞 人間観察
尊敬:リリーフランキー うすた京介

mixi←ここをクリックするとぎんのmixiへ行きます

Lc.ツリーカテゴリー
キーワードランキング
レンタルCGI
ブログランキング参戦中
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。