スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

教えて!ぎん先生! 


最近脂っぽいモノが苦手になってきまして

脂っこいモノを食べた次の日は朝から胃がムカムカします

あ~これが年なんやなと実感しつつも出された脂っこいモノは

愛と言う名のオブラートに包んで全部食べる、こんにちは、僕です。




けど、好物はから揚げ




僕は人の質問には精神誠意を持って答えよう

そう常日頃から思っているのです

仕事柄、柄にもなく店長なんぞやっていますと

バイトから仕事に関するQ&Aを受けるのなんて日常茶飯事

それに対して出来るだけ分かりやすく手取り足取り

もぅそれは必要であれば色々な所を取って教えてあげようと思っているのです

その考えはブログにしても同じ考えを持ってまして

こんなブログに対するどんな質問もいただければ分かり易く解説しよう

そう思っているのです










今回、こんな出だしで書きましたのは僕が以前に書いたこの日記

友達の嫁が、僕にGカップの女性を紹介しようかと言ってくれたのに

あろうことか、僕が以前にGカップちゃんにやいのやいの言ったせいで

Gカップちゃんにやいのやいの出来なくなってしまったという

涙なしでは書けなかった日記




バカぁ!ほんとに昔の僕のバカぁ!




こんな煩悩丸出しの気色悪い

コメント出来るならコメントしてみなよマインドで書いた日記に

コメントをくれた猛者がいたのです

その猛者のコメントがこちら




投稿者 さやかさん

ぎん様、初めまして(^O^)/

少し前から読ましていただいてます

少し質問なんですが、GカップがGO GO HEAVENだとすれば他のカップは何になるのでしょうか?

初めてのコメントがこんなんですいません(>_<)





さやかさん、ほんとどうもありがとうございます

ちなみにさやかさんはナニカップなん?

なぁなぁナニカップなん?

そんなセクハラまがいなコトを考えてしまったんですが

いやいやいや、「初めてのコメントがこんなんですいません」だなんて






凄く素敵な質問ですネ!




僕はさやかさんの勇気ある質問に感服いたしました

これからは、さやかさんのコトを

尊敬と敬意とブログネタを提供していただいたコトを表し

勇者さやかと呼ばしていただきます

嫌だ!と言ってももう無理、拒否、受付けない




と、いうワケでこれから日本乳産党に所属している僕が

GカップのGO GO HEAVEN 以外の正式名称について

一人で楽しく語ろうと思ったのですが

より分かり易く解説するためにも僕以外にもう一人

日本乳産党の幹部でいらっしゃる乳尾 加太朗先生にお越しいただきました

あぁ!もぅなんだか楽しくなってきた!

それでは、乳尾先生よろしくお願いします




乳尾 「あいあい、ぎん君、おひさチチぶりね」

ぎん 「どうも、おひさチチ・・・先生、先生、いきなり読者が付いて来てません!」

乳尾 「あっそうですか。じゃあ早速Aカップから・・・

ぎん 「ちょ、ちょ、いきなり読者無視の投げっぱなしジャーマンっスか?」

乳尾 「ぎん君、君は周囲の目を気にし過ぎる。君はキチガイという言葉を知っているかね?」

ぎん 「いや、それ思いっきり差別用語じゃ・・・」

乳尾 「黙らっしゃい!キチガイという言葉はだね、ものごとに集中するって褒め言葉なのだよ」

ぎん 「はぁ」

乳尾 「君は周囲の目が気になるというコトはキチガえてないいんだよ、おっぱいキチガイになれてないんだよ」

ぎん 「!!?・・・先生・・・僕が間違ってたっス・・・俺、なるっス、おっぱいキチガイになるっス!」

乳尾 「うむ、精進なさい。」

ぎん 「はいっス!」

乳尾 「では、まずはAカップの解説から始めようか」

ぎん 「それでは、AカップのAー!」







A あっ、そう。






ぎん 「興味ねぇー!!」

乳尾 「Aカップなんてアレだよ、道端の小石のようなモノだよね♪」

ぎん 「だよね♪って可愛く言っても・・・知りませんよ、女性読者を敵にまわしても」

乳尾 「はい!それ!また周囲の目を気にしてる!」

ぎん 「・・・小石っスよねぇ~」

乳尾 「よろしい。では続いてBカップの説明を」

ぎん 「BカップのBー!」






B ブラって必要?






ぎん 「セクハラー!!」

乳尾 「ニップレスでいいんじゃね?揺れないんだからニップレスでいいんじゃねぇ?」

ぎん 「先生、鬼畜です。発言が鬼畜米兵です!」

乳尾 「うん。鬼畜だね。では、ここでA、Bカップがどれくらいかアイドル画像で見てみましょう」




todaerika313_convert_20081012025636.jpg




ぎん 「イケるでぇ!先生、ワシ、全然イケるでぇ!!」

乳尾 「カーッ、ペッ!」

ぎん 「ツバ吐いてるー!?」

乳尾 「一緒じゃん、こんなのちょっと肥満の男の乳と一緒じゃん」

ぎん 「遠い目してるー!?」

乳尾 「次いこ、気を取り直してCカップいこ」

ぎん 「C、CカップのCー!」






C チャーミング






ぎん 「おっ、やっとまともな表現ですね」

乳尾 「最低Cは欲しいですね。Cカップあってギリギリおっぱい。ギリぱい。そういえばギリギリガールズのギリギリって、なにがギリギリだったんだろうね?」

ぎん 「先生、話が自由過ぎます」

乳尾 「じゃDカップね」

ぎん 「無視!?・・・・・・DカップのD-!」






D ドロップキック






ぎん 「意味わかんねぇー」

乳尾 「これはアレね、ぎん君ミスチル知ってる?ミスターチルドレン」

ぎん 「え?あ、はい、知ってますよ」

乳尾 「ミスチルのね、everybody goes 秩序のない現代にドロップキックって曲があるでしょ」

ぎん 「そのドロップキックからきてるんですか?」

乳尾 「そうそう。その曲に上京して3年の夜はベッドじゃ社長の上にまたがってる女の子がいるでしょ」

ぎん 「あー、ムービースター目指してるお人好しさん」

乳尾 「その子、Dカップ」

ぎん 「マジで!?」

乳尾 「それに、愛する家族の為に良かれと思う事はやってきた教育ママと娘がいるでしょ」

ぎん 「はいはい、母親と、学校フケてデートクラブ行ってる娘ですね」

乳尾 「親子でDカップ」

ぎん 「受け継がれる遺伝子!」

乳尾 「お父さん羨ましいよね。それよりC、Dカップがどれくらいか画像で見るよー」




yasudamisako000228_convert_20081012033457.jpg





ぎん 「あ、あかんでぇ!ワシャほんま、ノックアウトやでぇ!」

乳尾 「ぎ、ぎん君、さっきから画像が出る度に竹内力みたいになるの辞めてくれない?」

ぎん 「すいません、どうもおっぱいを見ると僕の男らしい部分が顔を出すみたいで」

乳尾 「う、うぅん。・・・じゃあEカップの説明しようか」

ぎん 「EカップのE-!」






E エクセレント






ぎん 「おぉ!最高の褒め言葉じゃないですかー」

乳尾 「うむ。世の中の男性はEカップぐらいが好きなのが多いからね」

ぎん 「なるほど。それでエクセレントですか」

乳尾 「まぁ私ぐらいになると、もうちょっと大きいぐらいがいいんですけどね。じゃFカップいってみようか」

ぎん 「FカップのF-!」






F ファンタステック






ぎん 「これは僕の最初の日記でも紹介しましたね」

乳尾 「だね。Fカップはサッカー界で言うところの中村俊輔だね。おっぱい界のファンタジスタ」

ぎん 「僕は玉田派なんですけどね」

乳尾 「じゃあE、Fカップを画像で見てみようか」




ayase5_convert_20081013022643.jpg





ぎん 「き、きまったぁ!こりゃまさに、おっぱい界のハットトリックやでぇ!」

乳尾 「どう言う意味!?」

ぎん 「いやね、色、艶、形と3拍子揃ってるんで」

乳尾 「ふ-ん。あんまり気にせずにGカップいくよ-」」






G GO GO HEAVEN






ぎん 「これがワイのモノになってたかもしれんのにぃ!・・・悔しいです!」

乳尾 「この日記でぎん君、上手いコト言ったよね」

ぎん 「あれ?僕なにか言いましたっけ?」

乳尾 「記録よりも記憶に残るあの巨乳って言葉。アレ上手いこと言ったね」

ぎん 「あ、いや、まぁ本音だったんで」

乳尾 「私、ちょっと泣いたもん。ぎん君も成長したなぁーって」

ぎん 「まぁ僕もアレはちょっと上手いコト言ったかなぁって思ってたん

乳尾 「じゃあ、次はHカップね」

ぎん 「え?あれ?シカト!?」

乳尾 「HカップのH-!」

ぎん 「それ、僕の仕事!!」






H ハミデント






ぎん 「なんですか?ハミデント?ガムっスか?キシリデントみたいな感じっスか?」

乳尾 「違うよね。ガムは関係ないよね。はみ出んとする乳って言葉からハミデントだね」

ぎん 「あー確かに。僕の昔の彼女がHカップだったんですけど、たまにハミデントしてましたよ」

乳尾 「チッ。」

ぎん 「舌打ち!?先生、今、舌打ちしました!?」

乳尾 「あー気分悪ぃ。はいはい、Iカップいこ。早く終わらせよ。IカップのI-」






I イオナズン






ぎん 「ドラクエ!?」

乳尾 「ドラクエ!?って。雑なツッコミしてるんじゃないよ。そうですよ、ドラクエですよ。雷撃系最強の呪文ですよ。それぐらいの破壊力があるってことですよ。」

ぎん 「ちょ、先生、大人げないっスよ」

乳尾 「大人げないっスよ!Dカップまでしか生乳見たことないっスよ!画像でいいから見たいっスよ!あー見たい見たい!画像が見たいから画像ドーン!!!」






aizawa47_convert_20081013031732.jpg





乳尾 「え・・・はいはいはい・・・え?・・・あ、うん・・・」

ぎん 「なんて言うか、微妙でしょ・・・ありがたみが無いっしょ。こんなんただの悪性腫瘍ですよ」

乳尾 「あの、その、なんて言うか・・・ごめん・・・」

ぎん 「僕も始めHカップ見た時、ちょっと引きましたもん。恐いって思いましたもん・・・体は細いのにおっぱいだけ・・・おおお、おっぱいだけが・・・
あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!

乳尾 「辛かったなぁ!ぎん君、辛かったなぁ!」

ぎん 「先生ー!」

乳尾 「よし!こうなったらとっておきを見よう!」

ぎん 「と、とっておきっスか?」

乳尾 「ああ。これは禁断のPカップなんだがPカップは






P パンドラの箱





乳尾 「と、言われ、開けてはいけない未知の領域なんだよ」

ぎん 「先生・・・俺、もう怖いモノはないですよ」

乳尾 「わかった。これがPカップだ」




DVD-2427.jpg





ぎん 「・・・ひっぐ・・・う、うぅ・・・うえぇぇん!お母さーん!」

乳尾 「あきまへん・・・これはあきまへんえぇぇぇええぇぇぇ!!」

二人 「パンドラの箱に希望なんてありゃしまへんえー」





と、言うワケでさやかさん

AカップからIカップ、さらにはPカップの説明をさしていただきましたが

これで分かりましたでしょうか?

この日記で僕が言いたかったことは




おっぱいってデカけりゃいいってもんじゃない




そう言うコトです

日本人の心、侘び寂び(わびさび)を忘れちゃいけないのですよ

贅沢は日本の敵なんですよ

そう言うコトで、日本乳産党は全面的に貧乳の方をも応援します!




追伸・・・夜中に一人で「Aカップ おっぱい」とか色々と検索していた僕はきっと全力でキモかった




追伸2・・画像を検索し過ぎておっぱいはお腹一杯。おっぱいだけに


 

←おっぱい連呼ですがポチッとしてくれたら嬉しいです!


←僕ってこんな日記しか書いてないような
スポンサーサイト
[ 2008/10/13 04:13 ] おっぱい日記 | TB(0) | CM(4)
確実に女子を敵に回したねi-282
そんなあたしのお乳のサイズゎ…ふふふふふぅ~んv-14
[ 2008/10/14 19:33 ] ヘンリー [ 編集 ]
ぎん様、私のコメントから面白い記事を書いていただきありがとうございます(^O^)/

勇者さやかです。笑っ

ドロップキックからMr.Childrenに繋げた所、さすがです!笑わしていただきました(^O^)

ちなみにあたしはエクセレントですよ(^_-)-☆

見たいでしょ(^^ゞ

[ 2008/10/14 20:57 ] さやか [ 編集 ]
>ヘンリーさん

そ、そうかな?女性を敵に回したんかな?

ただね、最後をよく読んでいただきたい

大事なのは侘び寂びなんだと

日本乳産党は貧乳をも応援すると

ここがいちばん大事!大事MANブラザーズバンドが歌っちゃうぐらいに一番大事!

ヘンリーさんは、僕の読みやとDカップやね
[ 2008/10/15 02:51 ] ぎん [ 編集 ]
>勇者さやかさん

こちらこそブログネタを提供していただきありがとうございます

ドロップキックの下りはプロレスネタにするか、ミスチルネタにするか迷ったんですが、ミスチルネタにしてよかったです(笑)

ちょ、勇者さやかさんはEカップっスか!?

どうにかして写メ付きメールで見して下さい!(笑)
[ 2008/10/15 02:59 ] ぎん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
はるカウンター
プロフィール

ぎん

Author:ぎん
年齢:ほしのあき世代
性別:生えてる
身長:コブクロの大きい方と同じ
出身:世紀末覇王伝な街大阪
趣味:読書 音楽鑑賞 人間観察
尊敬:リリーフランキー うすた京介

mixi←ここをクリックするとぎんのmixiへ行きます

Lc.ツリーカテゴリー
キーワードランキング
レンタルCGI
ブログランキング参戦中
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。